いいやん!大分

トップページ > 今回の放送

今回の放送

サマー企画 アート・ワンダーランド2022 「怖じぃ-こわ~い美術館-」

「怖じぃ」とは、大分弁で「怖い」を意味する言葉。暑い大分の夏、大分市美術館のこわ~い美術作品でヒヤッとしませんか? 怖さ控えめなので、子どもから大人まで楽しめます!

アート・ワンダーランド20年目の節目となる今回は、特別展とコレクション展が合体!
大分市美術館全館挙げて「怖い」(大分弁で「怖じぃ」)をテーマに厳選した所蔵品と、大分県内で活動する作家の作品を紹介します。

■作品
・川野美華《ハンドバッグの留め金が》2022年
・ザ・キャビンカンパニー《オボロ屋敷》2020年
・藤原雅哉《1月18日(火)ブラックビー面》2022年
・ゴヤ《「ロス・カプリチョス」よりチンチーリャ鬼ども》1855年頃
・四谷シモン《木枠で出来た少女2》2000年
・常設展示室3 「人間がいちばん怖い」-恐怖の館へようこそ!- など

 

期間:9月19日(月)まで 午前10時~午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日:9月12日(月)
料金:一般600円(500円)、高大生400円(300円)、中学生以下無料
※子ども(中学生以下)の同伴者は団体料金適用
※()は20人以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳提示者とその介護者は無料
※本展は「大分市美術館年間パスポート」が利用できます
問合せ:大分市美術館 ℡097-554-5800

★TOSテレビ大分 8月7日(日)11:45~
《各ケーブルテレビ局》
★J :COM大分ケーブルテレコム
★OCN大分ケーブルネットワーク
★EOS東大分システム

放送:8月7日(日)11:45~ リポーター:日髙 由貴

いいね! ツイートする

「閉校した学校をリニューアル!」

大分市ふれあい交流宿舎のつはる西部の楽校!

長年地域から愛され続け、平成30年3月に惜しまれつつも閉校となった旧野津原西部小学校。その校舎をリニューアルしてできたのが、「大分市ふれあい交流宿舎のつはる西部の楽校」。

●「大分市ふれあい交流宿舎のつはる西部の楽校」

・野津原の豊かな自然と美しい景観を活かした、人々がふれあう交流の場
・スポーツ少年団等の合宿や家族での宿泊など、いろいろな用途で利用できます!
・サッカーやソフトボールなどのスポーツ、音楽活動等の文化活動ができる「のつはる天空広場」まで車で5分!

●7月1日オープン!
「現在 大分市ホームページの電子申請または電話にて利用予約を受付中!」

住所:大分市大字上詰704番地の1

1泊料金:一般 1人3,000円
小・中学生 1人1,500円(市内居住者は750円)

問合せ:社会教育課 TEL 097-537-5649

その他の利用料金、利用時間、利用までの流れなど詳しくは、大分市ホームページをご覧ください。

★TOSテレビ大分 6月19日(日)11:45~
《各ケーブルテレビ局》
★J :COM大分ケーブルテレコム
★OCN大分ケーブルネットワーク
★EOS東大分システム

放送:6月19日(日)11:45~ リポーター:日髙 由貴

いいね! ツイートする
ページトップ